生観戦 後1つ勝つのみ。 10/11

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

更新遅れ申し訳ありません。

巨人としては連勝したおかげで余裕が数字上あり、そないに気落ちする事も無いのですが現地にいた身としてはハイライトや記事すら見たくもないぐらい悔しい敗戦でした。

テレビで見られでいた方は内容もはっきりと分かるので、テレビはテレビで中々不満があった筈。

気分悪い敗戦でしたが、13日から又試合があるので原監督やないが気持ちをフラットにして応援していきたい。

 

という事でこの日の試合ですが、先発は戸郷。

まず菅野が登板回避という事で誰を先発にするかがこの日の試合のポイントの一つだったが戸郷を抜擢。

戸郷個人で見ると3回1失点は想定通りの仕事をしてくれたと思う。

この3回1失点が合格ラインの選手を先発にした事が賛否両論ある訳だが候補としては12日先発予定だった高橋、ローテの一員の桜井、そして戸郷とこの3人の誰かか無理矢理でも菅野に頑張ってもらう、この4人の選択肢だったと思う。

選手生命や日本シリーズの事を考えても菅野はまずあり得ないだろう。

で残る3人だが1番信頼できるのは高橋だろう。

だからこそ予定を1日早め調整不足で登板するよりかはスライドにはなるが13日で良かったと思う。

桜井の終盤の出来と戸郷のここぞでの勝負強さと2試合の内容、プラス紅白戦での内容を比較して戸郷を選択したのだとすると個人的には隙を見せたのでは無く妥当な選択やったんとちゃうかなと思っている。

ピンチでの強心臓ぶりも見してくれやっぱりただモンやないなというのは感じた。

 

でこの後に桜井を中継ぎで起用したのだが、これは誤算やったやろな。

戸郷を代えたのは相手先発が青柳という事で早いうちに追いつき追い越したいという事で仕方ない。

中継ぎが久しぶりやって精神的な面でいつもとの違いを感じていたのか悪かったな。

けどなんとか北條を三振にとり1イニング目は無失点で凌ぐ。

悪いなりにも無失点で抑えた事により点差も広がり、立ち直りに期待してイニングを跨がせたのは第二先発要因やから仕方ない。

けどイニングが変わってもピリッとしなかった。

ノーアウトから四死球だけで満塁にし降板。

短期決戦は先手先手でいくのがセオリーやという事を思うと後手に回ってしまったのは痛かった。

先頭四球で諦めていたら先手やし、次の死球では間違いなく諦めるべきだったがイニングを稼いでほしいという欲に負けてしまったんやろな。

でこの大ピンチを京介に託したが、火消しとはいかなかった。

京介は責めれへんが、3点差逆転されたのはきつかった。

左のワンポイントで使える投手が巨人に欲しいなぁ。

森福の筈やったんやが、、、

まぁ近い存在になりそうなんは今はベンチにいないが戸根かな。

 

でこのイニング3人目の澤村が抑え、次の回も続投するが四球連発で降板。

大竹に代わるが、ほんまに頼りになる男や!

左が続くという所で糸原から田口かなと思っていたのだが高山からという事で次の大山まで考えての大竹やったんやろう。

大山まで回さず高山を併殺に打ち取るあたりにベテランの投球術、落ち着きは特に大事な場面では頼りになるなと感じた。

次の回も無失点で最高のリリーフとしての仕事をしてくれた。

 

最後中川。

8回はピンチを招くも小林の大ファインプレーにも助けられたが、今年勝ちパターンで使えてきた選手だなと感じさせる無失点の投球だった。

ただ9回大山に一発を。

敗因が中川とは思わんし、イニング跨ぎも一瞬疑問に感じたが冷静になると仕方ない。

ただ一発警戒の場面で打たれてしまう勝ちパターンの投手というのが辛い。

勿論結果論だが。

警戒が薄かったのだとすると、中川に責任があるが真意は分からない。

この負けを必ず日本シリーズやこのCSでも活かして欲しい。

 

続いて打線だが好調を維持出来ている。

先制されてすぐにチャンスを作り、4番5番で逆転!

強力な打線やほんまに。

打線の軸、核である岡本が好調やと得点力が非常に上がる。

最高の4番の仕事や。

ただ1点差負けやっただけにあれが満塁弾やったらなーと悔しく思う。

まぁ岡本に何の罪もなく最高のバッティングだった。

阿部も続きまだまだチャンスだったが代打石川は一塁ゴロ。

ランナーの脚を考えてもなんとかフライをあげる打撃を見して欲しかった。

 

陽の貴重な追加点となる一発。

結果負けてしまったが、すごく意味のある追加点となった。

現地にいた感想として、すごく豪快な一発に感激し生で見る良さの一つに応援だけやなくプロの実力を見れるのはおもろいなと思った。

 

岡本の逆転されてすぐに難敵やと個人的には思っているドリスから同点2ラン。

これぞ4番といえる勝負強さだ!

失投やったやろうけど、4番として決める気があるからこそ一発で仕留められたんやなと思う。

今年も又一皮向けてくれた。

待ちに待った若手の和製大砲岡本にどえらく夢を見させてもらっとる!

まだまだ頼むど!

再び阿部も続き、澤村がランナーが阿部にも関わらず完璧なバントを決めチャンスを作ったが後続が続かんかった。

俊太が相手はドリスとはいえ、去年までの選球眼の良さが全く無くなっているのが気になる。

丸も去年程やないが、丸あたりに相談して改善してもらいたい。

 

7回のチャンスを無得点で終える。

ここがターニングポイントやったと思っている。

丸、岡本連打で終盤のチャンスに阿部。

次の打者は小林。

球場の雰囲気はまぁどえらいもんで、最高に盛り上がっていた。

あぁーバントは無いやろなと。

終盤のノーアウト1.2塁であの雰囲気や無かったら阿部でもバントの可能性は高かったと思う。

けどここは勝負師の原やなくエンターテイナーとして阿部に賭けたんやろな。

結果ランナー進められず後続も凡退で無得点。

これは勝負としては隙やったかもしれない。

現地にいるもんとしては、勝つ事が一番のファンサービスだ。

けど、こうゆう野球を見していってもらわんと野球の面白味に欠ける。

野球人気が低迷していってる中で少しでも注目度を高める為にも、毎度やと困るがこうゆう勝負の仕方は残していってもらいたい。

こんな勝負もありながら試合にも勝つ。これが最高の喜びだ。

野球人気に再び大きく火がつく事を願う。

 

まぁ甲子園での阿部にとっての最終打席で阪神としては負けられない戦いの中、ストレート勝負してくれた藤川に完璧に封じられ試合終了となる訳だが。

あの試合を見に行きながらブログを更新しなかったので、ここで少し書きたい。

引退発表後初の阿部登場を見越して藤川を起用してくれた阪神、ストレート勝負で挑んでくれた藤川、レフトビジターで巨人ファンが阿部に感謝の意を込めて大コールをしてる中聞こえてきた阪神ファンからの阿部コール、非常に感動した。

負けたブログにこんな終わり方もおかしいが、野球は面白い。

もうこのおもろさを体験すると、離れられん。

けどやっぱり一番おもろいんは、勝つ事や!

日本一なる為にもCS突破するど!

 

以上!
追記、13日も生観戦日なので更新遅れそうです。
ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

 

 

 

コメント