主力達で初戦取ったど! 10/9

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

いやー大事な初戦を取りこぼす事なく勝つ事が出来てほんまに良かった!

先発投手を見ても負ける訳にはいかない中で普段通りの野球が出来ていた事は実戦感覚が空いていただけに安心した。

阪神の勢いに飲まれることなく戦えた所を見ても、優勝チームの貫禄だった!

 

という事で今日の試合だが、久しぶりの緊張感たっぷりの試合なだけに早く優位に立ちたかった。

そんな中先発山口は初回から力む事なくストライク先行で相手を圧倒出来ていた。

流石最多勝投手と言える見事な投球だった。

山口はあまりメンタルは強くないイメージなだけにストライクが全く入らん様なピッチングを初回にして先制されたら、かなんなーという不安があったが今年の山口にそんな心配は不要だった。

あの力感のないフォームと今年の活躍から来る自信、絶対に負けられなかったペナント終盤での好投した経験が今日の普段通りの山口らしい安定感抜群のピッチングに繋がったのかなと思う。

今年、ほんまに山口の存在は大きい。

 

そんな山口の投球を見せつけた後に先頭の亀井が四球で出塁出来たのがまず良かった。

今日の亀井はタイミングの取り方がいつもと違ったが、ベテランなりの何かの対策なんやろう。

この出塁で望月にだいぶプレッシャーを与えられた。

最高の1番としての仕事だ!

続く坂本は併殺打になってしまったが、まだ望月も落ち着きは取り戻せていなかった。

けどここで結果3人で終わってしまうと乗ってこられる恐れがあったが、ペナント終盤絶不調だった丸がフルカウントから先制のHR。

色々な意味でこの一発は大きかったなぁ。

丸の状態自体も復調している事が確認出来たし、なんといっても初回から先制出来た事で向こうの勢いを消しこっちに流れを持ってこれたのが大きかった!

続く岡本も一発を放ち、併殺後に2点取る事が出来た。

併殺で無得点という重苦しい空気にならず、一気に巨人に流れを呼び込む見事な2連発だった。

岡本も紅白戦で好調そうだとは聞いていたが、それを維持出来ていて良かった。

 

山口が先制した後もしっかり3凡に抑え、2回の攻撃に移る。

下位打線からという事もあり3凡の可能性も高かったが、それだと流れは巨人から徐々に離れていきそうで嫌やなと思っていたところで俊太がヒット。流れ的に価値のあるヒットだった。

その後すぐ盗塁のサインを出してワイルドピッチではあったがランナーを進める事が出来た。

この辺の積極采配は短期決戦には有効やし、ペナントでも数多くやってきただけに選手も対応しやすく強いチームになったなと思った。

これで山口まではほぼほぼ回る形になりいい攻撃だった。

けど出来れば小林が打って追加点が欲しいという場面で四球。

この四球で山口は勿論送りバントをする事になるのだが、体力ある山口だがバントが巧い事いかず全力疾走してのダブルプレーやランナーに残って無得点というのは避けて欲しい場面でもあった。

だが結果はマルテの好守により送れずランナーとして残る事になる。

ちょっと嫌な雰囲気だった。

だがその流れを亀井が払拭させるタイムリー2ベースで追加点。

流れを向こうにやらない素晴らしい勝負強さだった。

だが山口がランナーやった事もあり1点しか入らなかった。

そこで先程併殺打だった坂本が技ありのセンター前2点タイムリー。。

物すごく大きな追加点が入った。

併殺後の連発、バントミス後の2連続タイムリー、これぞチームプレーといえる最高に盛り上がる点の取り方だった。

対阪神の戦い方として勝ちパターンを使わせずに試合をしたい中で5点差をつけられたのは非常に大きかった。

正攻法といえる戦い方で巨人のペースで試合を進める事に成功した。

 

その後山口が初ヒットを許し満塁のピンチからワイルドピッチで1点を失うも大山を打ちとり、最小失点で凌ぐ事が出来た。

2アウトランナー無しからの連打だった事が最小失点で切り抜けられた要因だろう。

バッテリーの用心深さが光った。

 

選球眼のいい鳥谷の併殺も助かった。

これもフルカウントからで2連続四球は避けたいプレッシャーの中コントロール出来た山口が一枚上だった。

 

山口は7回の打席にも立ち続投する事になるが、誰の指示か本人の意思か分からないが良い判断だったと思う。

セリーグの勝ち頭で体力もあり中継ぎ陣には不安のある巨人が絶対落とせない試合だという事を思うと山口続投が一番確率の高い勝ち方だと思うからだ。

球数を減らして次に備えるよりも、確率高く1勝しておく方が値打ちは高い。

この勝負手は理にかなっているなと思った。

結果的には北條に追い込んでから失投を打たれた事により、タイミングが合っていない木浪までだったが間違いでは無かった。

 

その後引き継いだ中川は本来のピッチングに戻っていたし、キレもよく左打者の2人がめちゃくちゃ打ちずらそうだった。

この試合においても大きな火消しになったし、内容的にも明日からも期待して良さそうな事に安心した。

 

最終回久しぶりにデラが投げたが、普段より制球が定まらなかった。

試合間隔が空きすぎた事で試合感が無かった事が原因やろう。

今日はあんまりだったが、心配はそないしなくていいかなと見ている。

むしろ点差があった今日に投げさせる事が出来て良かった。

巨人の中継ぎ陣の中では最強だと思っているだけに、心中するもんやと思っていたが田口にスイッチ。

これには少し驚いた。

単純計算だとデラの方が上の投手だと思うが、今日の出来やとあかんという判断だ。

流石原監督の短期決戦バージョンの隙のない采配だった。

 

その田口もこの緊迫感が半端なくある中、自分のピッチングが出来るのはお見事だった。

急にやっても出来る訳が無いが、キツい所で使いきっていた経験がめっちゃ活きた!

これも原監督ならではの素晴らしい起用法だった。

田口も経験があるとはいえ、あの場面で冷静かつ強気でよく抑えてくれた!

最高に素晴らしい火消しだった。

 

と今日は阪神相手に先発投手から大きく先制し、ミスをカバーし合うチームとしてすごく良い勝ち方だった様に思う。

3回以降得点出来なかった事は確かに良くないが、主力に当たりは出ているし全体的に打撃内容自体は良かった。

明日以降打線は今日の所心配しなくて良い様に思う。打撃は水物という怖さはあるが。

岡本が唯一のマルチか。確かに岡本が一番内容のある打席だった。

4番が好調とは凄く良い事だ。有言実行で岡本の活躍でこのCSと日本シリーズを勝ち取ってもらいたい。

頼むど4番!

それと地味だが8回の俊太の守備はナイス判断だった。

送球もよく、2塁でアウトを取れたのは大きかった。

 

明日はメル対高橋か。

メルの好投に期待しながらも明日も打線にはら頑張ってもらい、交代機の見極めが分かりやすいような試合展開に持っていきたい所だ。

今日に引き続き、1.2番を出来るだけ出塁させず大山を眠らせたまま高山を明日こそ抑える事がポイントになりそうだ。

明日は大城がスタメンマスクやろうから、大城や控えの石川や陽、中島にも期待している。

内容を見たらゲレーロも悪くは無さそうだ。

明日も勝ち絶対王手決めるど!

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

コメント