個々の役割。 9/5

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

つまずいてる場合やない所でおおこけしてしまった。

怪我人続出の中なんとかやりくりしているが、後一歩足らず連敗している。

怪我や疲労と上手いこと付き合っていけるチームにはまだなれていない。

そんな時こそ個々の役割を全うし戦っていってもらいたいがそれが出来ていないのが現状だ。

厳しい戦いは最後まで続きそうな事がこの連敗でほぼ決まっただろう。

なんとか踏み止まってくれ。

 

 

ということでこの日の試合だが個々の役割で言うとまず先発の桜井はほぼ満点と言える。

相手を翻弄し最後まで投げる体力も残しながら先制するまで無失点で粘り7回無失点、勝たせてやりたかった。

2桁勝利など今は言ってられないだろうが、少し遠のいたのは事実で勿体無く思う。

まずこのピッチングで勝てないチームが9月時点で首位にいられている事が不思議なシーズンだ。

山口、菅野、桜井で落としての5連敗はダメージはでかかった。

次は中4日で登板との話もあるが、もう一度頑張って粘投してもらいたい。

それでも勝てなかったらいよいよ優勝も相当危険な状態になってしまうだろう。

それだけは避けてもらいたい。

 

中川も怪我?明け以降不安定なピッチングが続いている。

大島への四球も問題だがそれ以前に制球、キレ共に怪我前とは明らかに落ちている。

役割を全うする力が今の中川には無さそうだ。

配置転換がほぼ決まったそうだが当然の処置だろう。

コンディションを整える事を優先的にしてもらいたい。

 

マシソンも1球目をど真ん中に失投の変化球を投げ逆転される最低な投球だった。

警戒心、慎重さを欠いた役割を全く分かっていない所が残念だった。

ストレート待ちの打者に変化球を投げとけば、後はアバウトでOKという場面では無い。

この3戦打たれまくった福田に対して経験のあるマシソンがらしくない、不思議な失点の仕方だった。

セットアッパーとして最低限、無防備な投球は止めてもらいたい。

 

田口、デラは役割は完璧に全うしてくれた。

田口は絶対に打たれてはいけない場面でボール球で勝負した所に意図を感じた。

そうゆうのが終盤の勝負の分かれ目になる。

デラはいつもながら完璧な投球だった。

中継ぎ陣で唯一デラであかんかったら手が無いと言える投手だ。

どんな場面でも変わる事なく投げてくれている事も心強い。

 

続いて打者陣だが、1番亀井は2安打1進塁打と役割を全うしたと言える。

最終回にあの場面で打てていたらとは思うが、それ以外の打席では次打者坂本に回す最高の1番打者の仕事っぷりだった。

ノーアウト2塁でしっかりセカンドゴロを打ってくれるとやっぱり点が入りやすい。

後は休みを挟みながら出場出来れば理想的だ。

 

2番坂本も2安打と役割はしっかりこなしてくれている。

坂本は役割というより任せている打者だと思うので結果論が基本的になるが。

状態も少しずつマシになってきていそうだ。

 

3番丸は犠牲フライは打ったものの、役割をこなしたとは言えない。

丸の長所として選球眼の良さもあると思うので、求めて当然だと思うのだが最終回の打席は残念だった。

初球の甘い球を見逃し、ワンスリーから外のボール球2球続けて空振りし三振。

最近左投手からこの三振がかなり目立つ。

去年の最後の方もこんな三振をようけ見た気がするが、疲れからか?

去年はホームラン狙いやからやと思っていたが、今年は違うはずだ。

丸の選球眼が早く戻らないと、勝ちにくい。

どうにか頼む。

 

4番岡本は勿論あかんわな。

守備面では最近好プレーもよく出ているし、貢献している。

ただ打つ方では困っとるな。

完全な不調。

迷いがある風にも見えるし、内に曲がってくる変化球を全く引っ張る意識が無いからか打ち損じてしまっている気がする。

引っ張る意識が強くこねた打球が増え不調に陥るパターンもよくあるから避けているんやろうけど、引っ張りを無くし過ぎだ。

臨機応変な対応が出来る打者になってもらいたい。

 

5.7番の阿部、山下は2四球と1四球と存在感を発揮出来ていた。

阿部の威圧感も役割の一つだと思うので十分な働きを見してくれている。

守備面ではあれが限界かなと。

山下の初スタメンは予感はあったとはいえビックリしたが、よくやった!

雰囲気あるし、落ち着きもあるから相手も投げにくかったやろう。

十分戦力になりそうや。打席を与えれば結果を残しそうという期待感もあり役割を果たしたと言える。

ハードルがもっと上がるよう頑張ってくれ山下!

 

6.8番の若林、小林は打撃面では役割は果たせていない。

まず若林はどうゆうても、初回の凡退。

結果論やなく、内容が悪過ぎる。

四球の後の初球は狙い所やろうが、若林の売りはそこやない。

積極的に狙って打つタイプやなく、粘って四球なりの方が得意分野やろ。

結果を出さんとあかん訳やから初球から狙いにいく作戦は悪くはないが、あの球に手を出して良い様な打者やない。

自分の求められている役割をこなす野球脳が欲しい。

敗因の一つだった凡退だ。

小林も守備面では流石だったが2回のレフトフライは役割として良くなかった。

ノーアウトのランナーが出て、併殺だけは避けたいのは分かるがフリーに打ち過ぎかなと。

桜井のバント技術を考えても、狙い流しするぐらいの意図は見して欲しかった。

 

代打陣はゲレーロ、俊太と最高の仕事をしてくれた。

調子も悪くない。

 

最後に原采配。

ここも役割としては出来なかった。

7回で桜井を降板させ次の登板に備えるのは分かる。

けど2点差、絶対に勝たなあかん場面で不安定な中川を起用。

そんな信頼感は今は無いはずだ。前半のイメージのまま勝ちパターンやからそのまんま使うという安易な考えだった様に感じる。

そして打たれた後にマシソン。右の代打が出た時点で代える内容だった。

桜井を代えて勝つというのはそうゆう事やろう。

でマシソンを選択した事に対しても信頼度としてはデラの方が上な訳で、回跨ぎがベストだった。

盤石でも何でもない中継ぎ陣で勝とうとするなら、確率の1番高い方法でいかんと。

甘さが出てしまった。

スタメン起用もこれは結果論だが代打が活躍するあたり、使い所のタイミングが良いのかスタメン起用が外れてるのか微妙な話だがハマっているとは負けているので言えない。

この辺りも改善されればなと。

 

試合展開としては、重信のセンターフライと亀井のセンターフライの2つどっちかがヒットならなと悔しく思う連敗中ならではの後1本病だった。

 

炭谷で連敗していることも不安要素だ。

炭谷のせいだという意味やなく、戻ってきた選手で勝てば乗れるが負けると閉塞感がでる。

 

まあ良くないチーム状況ながら首位という事を武器になんとか最後まで逃げ切ってもらいたい。

チームで勝とう!

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

コメント