生観戦 弱点全て吐き出した 10/23

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

3連敗で後がなくなった。

今日だけでなく3戦全てで今季の悪い意味での集大成というか、全ての弱点が出てしまった。

中継ぎ陣の崩壊、後1本が出ない打線、上位打線の打てなくなったら長い停滞、それに加えエラー、走塁ミス。

ソフトバンクが強いのも確かかもしれないが、巨人のチーム状態がとことんまで悪いのもこれまた事実だ。

ただ生観戦していたから見えた話だが、巨人の守備練習はポロポロしたり悪送球あったりとピリッとしたもんがまるで無かったし、大袈裟に悪くいうと遊びの延長線ぽさを感じざるを得なかった。

それに比べソフトバンクの守備練習は特に松田が目立ったが大袈裟でなく全員が機敏な動きでやっており、試合前に万全の状態に調整しようとしてるんやなという意図を感じた練習風景だった。

巨人は楽しそうには練習していたのでこれはこれで大事な事なんかなとチームの個性のように思おうとしていたが、比較で正直不安やなという思いも強くあった。

この辺からソフトバンクは抜け目のないチームやなと。

締まりのあるチームは強い。巨人もその辺の意識がもっと高くなってくれればと期待する。

 

で今日の試合だが、先発は高橋。

負けたら王手をかけられる試合をルーキーに任せなあかんかったのがまず苦しいスタートだった。

高橋はCSでもやってくれたので期待出来る選手だと思うが、ルーキーには変わりないだけにもう少し楽に投げさせられる状態が理想だった。

まぁそれでもよく頑張ってくれたと思う。

グラシアルの1発は四球を出さない意識からど真ん中、デスパイネのタイムリーもカウントを取りにいった甘い球を通打された。

 けどイニングは投げれなかったが試合は壊さず2失点。

酷評は出来ん。

柳田を打ち取った所で継投でもとは思ったが、裏は高橋からの打順ということで投手を代えん選択をしたのだろう。

結果論丸出しでいうと後手後手になってしまった。

 

鍵谷はよく抑えてくれた。

 

ほんで第2先発的に戸郷を起用したが、こちらも高卒のルーキー。

内川に打たれた事で狂いを生んだかな。

あんな打たれ方してなかったからなぁ。

で甲斐に四球、これは痛かった。本当ならここで代えてやりたかった。

でバント処理エラー。岡本もカバーしてやる事は出来なかった。

長谷川にはなんとか犠牲フライで2アウト目とるも今宮の内野安打でツキは戸郷に味方しなかった。まだ代えない。

なんか試合的には博打で抑えれば流れがくると、そのリスクも戸郷が成長するならと受け入れたのかなといった采配に見えた。

ここは日本シリーズや、厳しめの采配が見たかった。

四球、タイムリーで4点差。

交代となった。

戸郷は責められへん。

高卒ルーキーに託さざるを得なかった、中堅陣が不甲斐ない巨人の弱点だ。

宮國、中堅ではないけど鍬原、桜井。頑張ってくれよ。それしか言えんのやから。

この4点差の壁はでかかった。

 

打線の方は亀井が復調してくれ良かった。

後は坂本、丸。

ここが巨人の強みや。

ここが打てんかったらそら強いチームにかてん。

頼む、きっかけを掴んでくれ。

最後に増田の暴走。

最悪だった。今まで超積極的に走り全てと言っていいぐらい成功してきた。

いつか来るはずの暴走の悲劇だった。

この経験は増田に大きな影響を及ぼすはず。

絶対に負けず、大きな糧として最高の走塁をもっと出来るようになる成長を期待する。

 

以上!   
  
  ご覧下さりありがとうございました。   
  
  賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!   
  にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ   
  にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435   
  2018年途中からしていた前ブログ   
  https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

3つのミス、痛い敗戦。 10/20

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

連敗。

負け数以上に痛い敗戦だ。

やりようによっては勝てた可能性のある試合を落としてしまった。

このままでは日本一は遠のいていく。

後4つ勝つ上で負け試合をひっくり返す必要性が高まった。

まずは本拠地に戻り順当に勝てる試合を作って落とさず、1試合でもいいからを相手のミス等に漬け込みながら勝ち勢いに乗っていきたいところだ!

 

という事で今日の試合だが先発メルがCSに続き最高のピッチングで6回を無失点に抑えた。

身体全身を使ってしならせながら、低めにコントロールし相手を翻弄していた。

絶好調の時のヤクルト石川みたいな投球に見えた。

その上、手も長いので相手も距離感がとりづらくタイミングが合いそうで合わなかったんとちゃうかなと思う。

大城のリードも良かった。

特に初ヒットを浴びランナーを気にしすぎて四球を出し尚も内川に2ボールと乱れ始めてきたメルに、次の球をインロー要求をしたリードにはメルとずっと組んできたからこそできるメル本来の投球を思い出させる理解あるリードだった。

結果は甘い球になったがストライクゾーンに再び投げられたのはこのリードにあるのかなと思った。

この日本シリーズの舞台でマスクをかぶれている事は大城にとって非常に良い経験値になっているだろう。

これで何回りも大きく成長してもらいたい。

ナイスピッチング、ナイスリードだった。

 

足の張りで6回までで交代やったらしいが6回の投球を見ていても継投のタイミングはこれで良かったと思う。

 

7回は大竹を起用した。

この回から山本がサードに。この件だが1点もやりたくない場面で今日は無難にこなしていたとはいえ若林のままでは不安が大きい。

山本も日本シリーズ最初の出番ということで緊張はしただろうがそれでも山本の方が守備に対する信用度は高かったはず。

そう思うと起用した事については最善策はとっていたのかなと思う。

だがその山本がエラーし先頭に出塁を許す。

これは痛かった。

思惑の真反対になってしまった。

けどエラーは怠慢プレーとは違うのだから責めても仕方がない。

全員でカバーしてやっていくしかない。

けど与えたくない先制点。

ここで代走周東を出してきたんやから、盗塁等阻止する為にも小林を起用すべきだった。

この回始めからでも良かったが大城が作ったええ流れが変わる恐れもあるので回始めからが良いか悪いかの判断は難しいが、周東を出して来た時点で小林起用はすべきだったと個人的には思う。

小林の方が大竹もランナーへの意識が少しはマシだったはずだ。

で結局ランナーにかき回された後に3ラン打たれ、山本のエラーをカバーしてやる事は出来なかった。

ここは非常に悔やまれる。

 

その後の継投も桜井、京介と失点し6点差とされた。

短期決戦で明日が移動日で試合は休みというのに終盤に澤村、中川を使わんかったのも非常に悔やまれる。

 

中継ぎ陣の弱さがそのまま出てしまっているのがすごく戦いにくくなってしまっている。

明後日からはどうにか踏ん張ってもらいたい!

 

続いて打線だが、引っ張りにいきすぎた事により凡打の山を積んでしまった。

後丸の不調も非常に繋がりを欠いてしまっている。

若林の走塁死と亀井丸の凡走、それを招いてしまった元木の判断も痛恨だった。

けども、岡本がマルチやしゲレーロもしっかりボールにコンタクトできてのヒットが出ているし阿部にも結果が出ているし、好材料も そこそこある。

丸の打順を代えると相手は楽になるんかなぁ?

もし問題ないのなら、好調そうなゲレーロを3番にもってきても面白いかもしれない。

岡本か阿部の後に丸を置くのも相手はやりにくくなるんとちゃうかなと丸の状態を見て思った。

 

てなわけで連敗してしまったが東京ドームで息を吹き返してくれればまだまだ日本一の可能性はある。

今度は後攻という事で投手陣達には、頑張ってもらい打線の援護があるまで粘り強く投げてもらいたい。

東京ドームでは亀井、丸が復調してくれるのを期待している。

だんだん巨人らしい攻撃が出来つつあるから、それを早い回でも発揮できるよう初回の攻撃を注目しておこう!

まずは自分達のペースで野球が出来るように22日をしっかり勝つ事だ!

 

又22日から東京ドームに3試合応援しに行ってくるので更新遅れそうです。

 

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

完敗も明日に繋がる試合。 10/19

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

日本シリーズが開幕した。

初戦を勝利で飾って優位に立ちたかったが、甘くなかった。

完敗だ。

原監督のコメント通り日本シリーズの1戦目とあり固くなり過ぎてしまったのかもしれない。

ただまだ1戦目が終わっただけや。

焦ったらあかん。

明日からまた一つづつ勝ちを重ねていってもらいたい!

 

まず第1戦の先発は捻りなく山口だった。

相手が千賀という事もあって菅野や他の投手で挑み、別日の山口が投げる日は確実に勝ちにいくといった策も確かにあった。

だが個人的には山口に初戦を任せたのは良かったと思っている。

日本シリーズ慣れしているチームならイレギュラーな事にも対応力がついてきててありかもしれないが、未経験者が多いチームで山口も未経験やのに絶対落とせない試合を作るのは荷が重すぎて余計に本来の投球ができなくなる危険があるからだ。

それに、千賀がずば抜けているとはいえ他なら打てるという保証も無い。

仮に千賀を攻略出来たのに、山口を投げさせなかったが故に打たれて負けたとなるとこんな悔いの残る負けはない。

初戦から負けを想定した戦いをして士気が下がるのも残念だ。

山口で落としたのは痛いが、もう1回以上は投げれる可能性が高い。

山口の次の登板日までにどこまで巨人が勝てているかが大事だ。

ということで今日の山口だが、流石勝ち頭といえるナイスピッチングだったと思う。

逆転2ランもあれを打たれたらどうしようもない。

6回は柳田、デスパイネどちらかで勝負出来なかったのが悔やまれるかなぁ。

それでも、1点以上取られなかった粘りは今年良くなったところだった。

次の登板こそ、巨人に勝ちをもたらせてくれ!期待している!

 

2番手はマシソン。

2点差で7番からという事で試したのだと思うが、試すには早かったように感じた。

7番ゆうても松田やし、次内川で気を緩められる場面ではなかった。

まぁこれでマシソンの使い方は判断しやすくなっただろう。

残念だったのはバント処理がもう少し早ければ刺せた可能性もあった所、これも痛かった。

 

3番手は田口。

期待しとったんやけどあかんかったなぁ。

川島への四球も窮屈に投げすぎた。

開き直って投げる事がこの日は出来んかった。

そのあとは滅多打ちされ試合を決められた。

100%結果論だが京介ならどうなっていたかなと思ったりもしてしまった。

けど評価が高いのは田口、次こそ頼むど!

 

4番手は澤村。

まぁいつも通りというか良かったかな。

マシソンより位置付けは高くこのシリーズもいけるかな。

 

打線の方は千賀に力で押しきられてもうたなという印象。

千賀は調子が良かった訳では無さそうだったが、セリーグにあんだけ速いストレートで押してくる投手がいないので慣れてないなーというようなアウトの積み重ねだった。

そんな中、一発で仕留めた阿部は見事だった。

引退していった選手の中でも最終年にここまで活躍出来る選手はそないにいないやろう。

すごい男や。

この一発に乗っていけなかったのも敗因の一つだ。

3回のチャンスで岡本がインローのストレートを詰まらされ凡退したのも向こうに流れをやってしまった一つの要因だ。

ただあれは向こうのバッテリーが完璧だったので、仕方ないとも思う。

ただ4番にはそれでも打って欲しい。

 

後は大城の7回の打球、8回の亀井の打球が抜けないツキの無さもあった。

 

けど明日に向け大城、俊太は良い形で打てているし、坂本、ゲレーロにもヒットが出たのは明日以降期待出来る。

亀井も悪くないし後は丸、岡本が乗ってくれば打ち勝てる!

 

明日はこっちが完勝し、気持ちよく東京に戻りたいところだ。

メルのCSの時のような好投にも期待したい!

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

 

日本一へ 対ソフトバンク戦

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

さぁ、いよいよ日本シリーズが開幕する!

巨人よ絶対日本一とってくれよ!

 

という事で対ソフトバンク戦だが第一のポイントとしては、相手の強みである勝ちパターンを早いうちに打ち崩し戦い方に疑問を持たせていきたい。

阪神も強力な中継ぎ陣だが打線に課題があったので、終盤に勝てていれば逃げ切れると予想していた。

だがソフトバンクは打線も良いので終盤勝てていても、追いつき追い越される危険性がある。

それを見越しても、勝ちパターンを打ち崩す事なく4勝するのは厳しい。

とはいえ、簡単に打ち崩せないからこそポイントにしてる訳で対策無しには難しい。

その対策として大事だと考えているのが粘り強く四球を奪う事、それと代打陣の活躍だ。

左に強い石川がモイネロを打ってくれるとチャンスは広がるだろう。

原監督の代打を起用するタイミングにも期待したい。

 

後はHR数リーグトップの争いとあって、いかにランナーがいる場面でこっちが長打が打てるかも肝心だ。

1点を取りにいく野球でなく、3点差をつけにいく野球を目指してもらいたい。

 

打線は誰とかでなく全員が鍵となるだろう。

 

投手陣は勿論先発陣には勝っている状態でマウンドをおりてもらいたいが、大差をつけられてしまうと非常に戦いにくいので継投のタイミングの見極めが大事だ。

このシリーズ名前を出して鍵を握っていると思うのは、大竹と田口だ。

順調に日本一になれる程甘い戦いにならないのは目に見えている。

そんな波乱となった試合を取れた方が日本一に近づくのかなと。

その為にも、この2人の投球には大きく期待し応えてもらいたい。

 

まずは、今年巨人で1番勝ちを届けてくれるだろう山口が初戦先発!

先手必勝で頼む!!!!

 

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

 

鈴木コーチ退団

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

いや、驚いた。

非常に戦力として痛い。

鈴木のおかげも絶対にあり、今年の巨人の走塁力はすこぶる高まった。

コーチングだけのおかげなら身についているので大丈夫だが、一塁コーチャーとしての指示やアドバイスも非常に大きかったと思う。

そんな鈴木コーチが退団て。

一身上の都合てなんや?

よぎっていたのはDV疑惑が何年か前にあったのでそれだった。

結果はDVやなく、不倫。

真実は知らんが正直に受け取るならDVやなかったのは救いかな。

離婚協議中のW不倫、まぁ野球ブログにええとか悪いとか書いてもしゃーないからほっておこう。

 

ほんま日本シリーズ前にえらい事なってもうたで。

芸能人と同じく野球選手も週刊誌の獲物なわけやから、意識高くガードしてくれや。

笑顔で不倫相手とタキシード着て写真撮ってどないすんねん。

週刊誌に写真がバレたら不祥事になるのが分からんのんか。

大事な時期に週刊誌にやられても立場上有名人なんやから弱い。

戦力やからコーチとしてチームの一員なんやぞ。

おらんようになってもいい事など一つもない。

責任ある行動をとってもらいたかった。

村田コーチが昇格という事で、なってもうたもんは受け入れてやっていくしかない。

この現状でも必ず日本一になってくれる事を信じている。

 

ほんでや。

これは1人の人間としてではなく、一巨人ファンの意見として非常に腹立たしい。

週刊誌は人が一番困る時期を見計らってスクープを出して、鈴木の人生、巨人の戦力を削った。

有名人が悪い事しとったら、その有名人もその回りの人の人生がどうなってもお構いなしや。

そら売れたら金になるからなぁ。

話題性ある時期にスクープだしたいわなぁ。

これが出来る事に問題を感じる。

週刊誌の力が強すぎて、有名人(ターゲット)とのパワーバランスがいよいよ崩壊してきているように感じる。

世間がほっておけばいいものを叩き過ぎるのが悪いのか、それを操作する記事を出す週刊誌あるいはメディアが悪いのか、そこが無法になっている法律が悪いのか、今の形が正しくて僕の考えが間違っているのか、なんにしてもこんだけ脅しがきく武器を持った週刊誌がいるとお金をようけもらえるプロ野球選手はただでさえ世間とは生活がかけ離れているのに、危険で仕方ない。

そんな事でプロ野球選手になりたくないと思う子供が増えるのもかなんし、縮こまって全然夢を与える仕事やなくなっても問題や。

週刊誌もわきまえて、野球選手とええ距離感でスクープを出してくる時代が来たらなと思う。

夢のまた夢やろうけど、世間の反応次第では変わっていくと思うので期待して待っておきたい。

 

という事でプロ野球選手、気つけてくれー。

頼むでー。

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

ドラフト2019

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

早いもんで、今年もこの日がやってきた。

選ばれた選手もファンも球団も全員が大きな希望を抱き始める楽しい1日だ。

夢やったやろうプロ野球選手になれて、本当に羨ましい。

指名された選手は日々の努力が実った数少ない野球人であり、選ばれし野球人だ。

おめでとうございます。

 

ただドラフトは遊びや祭りではない。

当たり前だがドラフト制度は補強策の一つだ。

選ぶ基準として、現戦力に対する年齢層も含め穴埋めできる選手、将来的にチームを背負える大きなスケールの選手、この2つが基本線だろう。

そんな中で巨人が選んだのが、

)拇銚慎 投 青森山田高 右右

太田龍 投 JR東日本 右右

5禿蝶範 内 常総学院 右右

ぐ羮絏溝 投 前橋商 左左

セ垣タ鞠圭 捕 星稜高 右右

Π貌3づ 外 酒田南高 左左

育成ドラフト

(心嵌賛

加藤壮太

の計8人だ。

ドラフト1位の本命は奥川、その外れで宮川、それも外れての外れ外れで堀田を指名した。

それにしても巨人はくじ弱いのう。

その外れたおかげで結果を残せるええ選手が取れたりしている事実を思うと、ある意味くじ運はいいのだが。

思惑通りとはいえない結果ではあるわな。

 

という訳で今年のドラフトの感想だが、今年の目玉は佐々木と奥川だったのは間違いないやろう。

そんな中で個人的には佐々木を狙って欲しかった。

メジャー志向とかは抜きにした考えだが、イメージとして奥川の完成形が広島の大瀬良みたいになるのかなと想像していた。

で佐々木はソフトバンクの千賀みたいになるイメージだった。

どっちもええ投手だが千賀と大瀬良を比べだとすると千賀が一枚上なんかなと、それで佐々木を狙って欲しかった。

けど佐々木は怪我もあるし、奥川はバランス良いしどっちも甲乙つけ難いんやけれども。

 

でこの2人の次にええなと思っていたのが野手ではただ1人、石川。

球を捉える能力がすこぶる高いように映った。

自分の間合いで打てるタイプでもありそう。

鈴木誠也みたいになられたら手強い相手になりそうやなと恐れている。

 

投手でいうと西と宮川もええな。

西は闘争心剥き出しなのがまず好みなんと、ストレートのポップしてくるような球威は中々打ちにくそうだ。

もっと早くなりそうなだけに、脅威だ。

 

宮川も指名しにいったが外れてしまった。

ストレートの球威、変化球のキレ共に申し分ない投手。

中継ぎの勝ちパターンとして君臨出来そうで即戦力やったやろなと思っている。

ただ24歳なだけにいきなり活躍してもらわんと、ドラ1としては勿体無い所もあった。

 

とまぁ気になっていた選手は巨人とは今回は縁が無かったのだが、ロマンというか未知数で計り知れない面白さは巨人の取ってきた選手にはようけいた。

ドラ1の堀田は急激に球速が速くなった所を見ても、まだまだ伸びしろを感じるし高身長な所も大きく成長できる要素の一つなので期待が大きい。

ドラ2の太田も高身長で手足が長い分投球フォーム等プロに入り何かを掴むと一気に打ちにくい投手になりそうだ。

映像を見る限り、全力で投げずに140半ばぐらいの球速表示だったのでもっと球速が出るのかもしれない。

コントロールにも難はありそうだが、まだ20歳の投手。将来に期待しよう。

ドラ3の菊田。

常総のバレンティンと呼ばれる菊田。

個人的には巨人が取った選手の中では1番楽しみな選手だ。

この選手も3年にHRを量産した選手とあって、今後の成長に期待。

外野を守るようになりまだ日が浅い事から、長い目で成長を見守りたい選手だがあの体格でのフルスイングは惚れ惚れとする。

率よりかは一発狙いに今の所見える。

1軍で活躍しようとなるともう少しミート力が必要だと思うが、その辺はやっていくうちに分かってくれる事を期待。

助っ人顔負けの豪快なスイングで岡本の後ろを打てるような選手に育ってもらいたい。

 

他に井上、山瀬、伊藤、平間、加藤が指名された。

現時点では評価に差がありチャンスも平等で無いと思うが、プロでは活躍すれば立場が大きく変わってくる。

とはいえ今年は高校生が多く、素材の良さを買われた選手が多い為じっくり育っていってもらいたい。

今年巨人は優勝し日本一を目指して戦っている最中だが、ファンとして今年だけて満足するような事は無い。

常勝チームに戻って欲しいし、今の時代もっと難しくなっているとは思うがV9を超えてくるようなチームに夢を抱いている。

そんな為にも今年ドラフト指名した素材型の選手達の成長が必要不可欠だ!

大きく大きく育って、巨人の勝ちに貢献してもらいたい!

楽しみにしている。

おめでとう!

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

 

 

生観戦 CS突破、さぁ日本シリーズへ 10/13

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

巨人がCSを突破し日本シリーズ進出を決めた!

優勝してのCSで対阪神戦となると、数年前の嫌な思い出があったが見事に3つ勝ってくれた。

MVPの岡本や山口俊、大竹の活躍は目立ちはしたがチーム全体の力で勝てたなといった今年のCSだったと思う。

 

で中止明けとなったこの日の試合だが、高橋が先発。

四死球、エラーもあったがそこで乱れず5回までを1失点で抑えたのがルーキーだと思うとこれ以上ない結果を残したと言える。

この投手の持ち味であるピンチ強さは本物だ。

優しそうな顔してこの日本シリーズがかかった大事な一戦で自分の投球が出来るのだから、非常に頼もしいし巨人での今後の活躍、日本シリーズでの活躍も大きく期待出来る。

戸郷にしてもそうだが、最近の若い選手は図太い性格の持ち主が多いんやろか?

天性的な性格の部分もあると思うが、日頃の練習や意識、自信、準備能力が高いのだろう。

このあたりも十分実力と言えるので、レベルの高い投手を取れたなと嬉しく思う。

特に巨人で活躍するとなると必須条件だ。

宮國、鍬原あたりにも素質はあるのだから天性的な性格は仕方ないにしても他でカバーし、本来の投球が出来るようになってもらいたい。

展開でいうと、3回のピンチを防げたのが非常に大きかった。

ナイスピッチングだった。

 

同点に追いついた直後に連続四球でノーアウト1.2塁のピンチになり、大竹にスイッチしたが最高の火消しをしてくれた。

相手の狙いを利用し的を外したり、相手の狙いそのままに投げるも厳しい所をつき空振りさせたり見事な制球だった。

大竹は完全に戦力となってくれたな。

ベテランならではの緻密さと大胆さがあり、経験を活かした素晴らしいリリーフだ。

大袈裟なのかもしれないが、ベテランに差し掛かった頃の岩瀬みたいに相手からしたら打ちにくいのとちゃうかなと感じる。

頼もしい選手が復活してくれた。

このピンチを脱した所がターニングポイントだった。

 

 

その後は田口、中川、デラと3人で抑え終了。

中継ぎ陣は誰ひとりランナーも出さない完璧なリレーとなった。

中川、デラととりあえず結果が出たのが良かった。

良いイメージのまま日本シリーズにいける!

 

打線の方だがまぁCS全体で見ても岡本は4番として最高の仕事っぷりだ。

特にこの試合は苦しめられてきた西から失投ともいえない球をバックスクリーンに放り込むのやから、ザ4番の働きだ。

チームが活気づく、見事な同点弾だった。

生で見ていた感想としても、一気にドームの雰囲気が明るくなった。

もう優勝が決まったかのような盛り上がりだ。

野球には流れというのがあるが、選手達が活気づく要素に観客の今日はいけるどという盛り上がりも流れを良くしている1つのかなと思った。

その観客いやベンチすらも乗らせる事の出来る1番の選手が4番であり、キャラもたっている岡本だ。

夢のある選手やで岡本は。

苦労していた分、克服した今4番としてもう一皮向ける事が出来た。

次は日本シリーズ、どんな形で4番が巨人を盛り上げてくれるか楽しみだ。

頼むど岡本!

 

丸の野球脳溢れるタイムリーセフティ内野安打。

坂本が凡退して勝ち越せる率が少し厳しくなっていた。

けど続くは丸という事で期待感もある。

打ってくれと願うしかなかった。

そこでなんとなんとセフティっすか⁉

シーズンでも見覚えのない丸での得点の仕方だった。

誰もが言う通り、予想出来なかった。

大山が下がったの見逃さなかった?

それでもこの決断は中々出来ない。

打撃練習前に主軸としては珍しくバント練習を欠かさずやるらしいが、送りバントのサインが出た時用だと普通は考えるやろう。

けど恐らく丸は、こんな点の取り方も想像し練習していたんとちゃうかなと思う。

どんだけ奥深い選手やねん。

丸がバントで凡退して無得点程勿体無い事はないが、それでも確率が高ければやってしまう丸にどえらい度胸とどえらい野球脳の高さを見た気がした。

ここまでは僕が勝手に考えた理屈くさい話だが、何より勝ちたい執念があのプレーに出たんやなと思う。

すごい選手や。

この作戦を日本シリーズ前に出来た事も有利に働くだろう。

素晴らしい判断力だった。

 

増田起用してのゲレーロの一発。

狙いが最高の形で出た一発だった。

ベンチの作戦、ゲレーロの狙いの良さと持っていくパワー全て完璧だった。

巨人の強みが凝縮された追加点だった。

日本シリーズでもしてもらいたい作戦だ。

 

という事で今年のセリーグとの戦いは全て終わった。

早かったなぁ。

最初はヤクルトが脅威やなと感じ、広島に自力の高さを見せつけられ、巨人が交流戦で戦力が整ってきて首位に立ち、後半戦Denaの猛追にあい、最終盤には中日に来季の怖さを与えられ、阪神には投手力と若手の勢いで向かってこられた。

それでもセリーグの覇者になり、セリーグの代表として日本シリーズにいける事となった!

パリーグが強いのは分かっとる。

ソフトバンクが総合力が高いのも分かっとる。

工藤監督の冴えた采配の怖さも分かっとる。

けどそのまま毎年毎年パリーグに勝たせる訳にはいかん。

交流戦唯一負け越した、優勝を逃したソフトバンクにリベンジするチャンスがきた。

はっきしゆうて、2位のチームに日本1とか訳の分からん事にならすわけにはいかん。

正真正銘の日本一になって、最高の1年で今シーズンを締めてくれ!

最後の一山、頼みまっせ巨人!

期待してる。

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

生観戦 後1つ勝つのみ。 10/11

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

更新遅れ申し訳ありません。

巨人としては連勝したおかげで余裕が数字上あり、そないに気落ちする事も無いのですが現地にいた身としてはハイライトや記事すら見たくもないぐらい悔しい敗戦でした。

テレビで見られでいた方は内容もはっきりと分かるので、テレビはテレビで中々不満があった筈。

気分悪い敗戦でしたが、13日から又試合があるので原監督やないが気持ちをフラットにして応援していきたい。

 

という事でこの日の試合ですが、先発は戸郷。

まず菅野が登板回避という事で誰を先発にするかがこの日の試合のポイントの一つだったが戸郷を抜擢。

戸郷個人で見ると3回1失点は想定通りの仕事をしてくれたと思う。

この3回1失点が合格ラインの選手を先発にした事が賛否両論ある訳だが候補としては12日先発予定だった高橋、ローテの一員の桜井、そして戸郷とこの3人の誰かか無理矢理でも菅野に頑張ってもらう、この4人の選択肢だったと思う。

選手生命や日本シリーズの事を考えても菅野はまずあり得ないだろう。

で残る3人だが1番信頼できるのは高橋だろう。

だからこそ予定を1日早め調整不足で登板するよりかはスライドにはなるが13日で良かったと思う。

桜井の終盤の出来と戸郷のここぞでの勝負強さと2試合の内容、プラス紅白戦での内容を比較して戸郷を選択したのだとすると個人的には隙を見せたのでは無く妥当な選択やったんとちゃうかなと思っている。

ピンチでの強心臓ぶりも見してくれやっぱりただモンやないなというのは感じた。

 

でこの後に桜井を中継ぎで起用したのだが、これは誤算やったやろな。

戸郷を代えたのは相手先発が青柳という事で早いうちに追いつき追い越したいという事で仕方ない。

中継ぎが久しぶりやって精神的な面でいつもとの違いを感じていたのか悪かったな。

けどなんとか北條を三振にとり1イニング目は無失点で凌ぐ。

悪いなりにも無失点で抑えた事により点差も広がり、立ち直りに期待してイニングを跨がせたのは第二先発要因やから仕方ない。

けどイニングが変わってもピリッとしなかった。

ノーアウトから四死球だけで満塁にし降板。

短期決戦は先手先手でいくのがセオリーやという事を思うと後手に回ってしまったのは痛かった。

先頭四球で諦めていたら先手やし、次の死球では間違いなく諦めるべきだったがイニングを稼いでほしいという欲に負けてしまったんやろな。

でこの大ピンチを京介に託したが、火消しとはいかなかった。

京介は責めれへんが、3点差逆転されたのはきつかった。

左のワンポイントで使える投手が巨人に欲しいなぁ。

森福の筈やったんやが、、、

まぁ近い存在になりそうなんは今はベンチにいないが戸根かな。

 

でこのイニング3人目の澤村が抑え、次の回も続投するが四球連発で降板。

大竹に代わるが、ほんまに頼りになる男や!

左が続くという所で糸原から田口かなと思っていたのだが高山からという事で次の大山まで考えての大竹やったんやろう。

大山まで回さず高山を併殺に打ち取るあたりにベテランの投球術、落ち着きは特に大事な場面では頼りになるなと感じた。

次の回も無失点で最高のリリーフとしての仕事をしてくれた。

 

最後中川。

8回はピンチを招くも小林の大ファインプレーにも助けられたが、今年勝ちパターンで使えてきた選手だなと感じさせる無失点の投球だった。

ただ9回大山に一発を。

敗因が中川とは思わんし、イニング跨ぎも一瞬疑問に感じたが冷静になると仕方ない。

ただ一発警戒の場面で打たれてしまう勝ちパターンの投手というのが辛い。

勿論結果論だが。

警戒が薄かったのだとすると、中川に責任があるが真意は分からない。

この負けを必ず日本シリーズやこのCSでも活かして欲しい。

 

続いて打線だが好調を維持出来ている。

先制されてすぐにチャンスを作り、4番5番で逆転!

強力な打線やほんまに。

打線の軸、核である岡本が好調やと得点力が非常に上がる。

最高の4番の仕事や。

ただ1点差負けやっただけにあれが満塁弾やったらなーと悔しく思う。

まぁ岡本に何の罪もなく最高のバッティングだった。

阿部も続きまだまだチャンスだったが代打石川は一塁ゴロ。

ランナーの脚を考えてもなんとかフライをあげる打撃を見して欲しかった。

 

陽の貴重な追加点となる一発。

結果負けてしまったが、すごく意味のある追加点となった。

現地にいた感想として、すごく豪快な一発に感激し生で見る良さの一つに応援だけやなくプロの実力を見れるのはおもろいなと思った。

 

岡本の逆転されてすぐに難敵やと個人的には思っているドリスから同点2ラン。

これぞ4番といえる勝負強さだ!

失投やったやろうけど、4番として決める気があるからこそ一発で仕留められたんやなと思う。

今年も又一皮向けてくれた。

待ちに待った若手の和製大砲岡本にどえらく夢を見させてもらっとる!

まだまだ頼むど!

再び阿部も続き、澤村がランナーが阿部にも関わらず完璧なバントを決めチャンスを作ったが後続が続かんかった。

俊太が相手はドリスとはいえ、去年までの選球眼の良さが全く無くなっているのが気になる。

丸も去年程やないが、丸あたりに相談して改善してもらいたい。

 

7回のチャンスを無得点で終える。

ここがターニングポイントやったと思っている。

丸、岡本連打で終盤のチャンスに阿部。

次の打者は小林。

球場の雰囲気はまぁどえらいもんで、最高に盛り上がっていた。

あぁーバントは無いやろなと。

終盤のノーアウト1.2塁であの雰囲気や無かったら阿部でもバントの可能性は高かったと思う。

けどここは勝負師の原やなくエンターテイナーとして阿部に賭けたんやろな。

結果ランナー進められず後続も凡退で無得点。

これは勝負としては隙やったかもしれない。

現地にいるもんとしては、勝つ事が一番のファンサービスだ。

けど、こうゆう野球を見していってもらわんと野球の面白味に欠ける。

野球人気が低迷していってる中で少しでも注目度を高める為にも、毎度やと困るがこうゆう勝負の仕方は残していってもらいたい。

こんな勝負もありながら試合にも勝つ。これが最高の喜びだ。

野球人気に再び大きく火がつく事を願う。

 

まぁ甲子園での阿部にとっての最終打席で阪神としては負けられない戦いの中、ストレート勝負してくれた藤川に完璧に封じられ試合終了となる訳だが。

あの試合を見に行きながらブログを更新しなかったので、ここで少し書きたい。

引退発表後初の阿部登場を見越して藤川を起用してくれた阪神、ストレート勝負で挑んでくれた藤川、レフトビジターで巨人ファンが阿部に感謝の意を込めて大コールをしてる中聞こえてきた阪神ファンからの阿部コール、非常に感動した。

負けたブログにこんな終わり方もおかしいが、野球は面白い。

もうこのおもろさを体験すると、離れられん。

けどやっぱり一番おもろいんは、勝つ事や!

日本一なる為にもCS突破するど!

 

以上!
追記、13日も生観戦日なので更新遅れそうです。
ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

 

 

 

 

見事な完勝! 10/10

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

11日の東京ドーム観戦の為、夜行バスで向かっていた為更新遅れてしまいました。

 

それにしても巨人としてはこれ以上ないぐらい完璧な試合運びでの完勝でしたなぁ!

この勝ちで阪神の勢いみたいなもんは一旦は止められたんとちゃうかなと思う。

むしろ呑み込んでこっちに勢いを感じる試合展開でした!

 

という事でこの日の試合だが、メルが誰もが認める今季1のピッチングで相手を寄せつけ無かった。

ストレートの球威、コントロール共に最高の出来だったと言える。

1シーズン戦っていると巨人もこれは打てる気がせんなというぐらい相手先発が絶好調でお手上げ状態になる時があるが、今回のメルは正にそれを相手にやってみせたといった内容だった。

人間というのは(僕の性格なだけかもしれんが)どうしても良かった記憶よりも悪かった記憶の方が印象に残り巨人の投手が相手にやってみせた事よりやられた記憶の方が残っている。

今季に限った話やなく広島のジョンソンやヤクルトの小川、中日の大野等が僕の中ではやられた事があるなという印象だ。

そのどの投手もがエース級。

という事はメルにもその素質があるのかなと思うと非常に嬉しい!

それにこのCSという大事な短期決戦の舞台でそれをやってのけた事が余計に値打ちを高めている。

去年も今年もよくやってくれているがここまでの投球が出来る投手だとは思っていなかった。

コントロールとテンポの良さでそこそこの投手だとは思っていたが、相手に絶望感を与える投手では無く打てそうで打てないが続いていただけで慣れられると打たれそうやなという不安がある投手という見方だった。

こんな投球が出来るとなると左のエースとして日本シリーズや来季においても期待せざるを得ない!

相性の良い阪神が相手ではあったが、課題のスタミナ面もこの日は問題無かった。

自分で降板を申し出る珍しい投手らしいが、先発として疲労回復能力が高まってくれる事を来季は目指してもらいたい。

スタミナ面ももしかすると登板間隔を開けると長いイニング投げられるのかもしれない。

ローテーションの1人になれる事が1番望ましいし、まだ若いので努力してもらいたいが仮に中6日ぐらいではキツいのなら登板し抹消を繰り返しながら中10日で投げるのも面白いかもしれない。

外国人枠的にもそれが良い様に転がる可能性も誰が来季助っ人としているかによってあるんとちゃうかなと思う。

まぁ、まずは来季の話よりこの日のピッチングを讃えさせてもらいたい。

本当に完璧なナイスピッチングだった!

 

大竹、デラも無失点で抑える事が出来たのでとりあえずは良かった。

デラのスライダーの精度が入団してから一番悪い事は心配ではあるが、感覚さえ戻れば問題なくなるだろう。

11日に投げる事になるかは分からないが、後1勝でいけるという余裕がありのでCSの間に本来の精度に戻ってくれる事を期待する。

 

続いて打線だが、先制、中押し、ダメ押しと昨日出来なかった事が出来て安心した。

理想的すぎる点の入れかたやった。

まずは1番の亀井が好調なのが心強い。

3投手からヒットを打ち猛打賞というのも流石の仕上がり具合だ!

初回に間違いなく坂本、丸に回ってくる打線で亀井が好調となるとこれ以上ないぐらい相手には脅威だ。

左からも打てた事も値打ちがある。

まぁ技術を考えても打つ能力が高いのだから驚くような話では無いが。

驚くといえば初球に3盗を決めた事にはびっくりさせられた。

話によると脚力が衰えてない所か増しているらしいのだから凄いベテランだ。

この盗塁で昨日一発を放ったとはいえ、状態が安定していない丸がどんなに楽に打てた事か。

チームで戦っているなという素晴らしい攻撃だった。

初回のヘッドスライディングも普段ならやらんが、勢いをつける為と元気なベテランが凄く考えて野球をやっている事にチーム力の高さを思った。

それも怪我せんように意識してやってた事が見えただけに野球脳が高いなと感心させられた。

この状態を維持してもらう為にも疲労を溜めないよう出来るだけ早く日本シリーズ行きを決めたいところだ。

 

坂本も前と後ろが頼りになる状態なだけに、繋ぎに徹しているなという打撃で得点力を高めている。

初回のバントの素振りを見せての相手を揺さぶっての右へのヒットなんか、従来の2番打者の打撃やがな!

チーム状態により1発狙いも繋ぎも出来る選手という所に坂本の技術の高さが見え、頼もしい。

味方でほんまに良かった。これでショート守ってる選手なんやからなあ。

今更ながら坂本がチームにいる強みは巨人にはあるな!

マン振りしない事による、腰への負担が軽減してる事もまだまだ大事な戦いがあるだけに安心だ。

 

丸の先制となる併殺と中押しの犠牲フライも大きかった。

調子が良いとは言い切れないが、相手の脅威度は変わらないだけに3番にドシっといてくれている事は頼もしい。

シーズン終盤ほど悪い事は無いので、深い心配は無用だろう。

丸の技術を信用するのみだ!

 

岡本も好調やな。

全打席の内容が良いだけに4番としてしっかり仕事が出来ている。

この状態を維持する為にもボールの見極めをし、振りがおかしくならない様にしてもらいたい。

この日の試合で一番値打ちが高かったのは丸の犠牲フライ後のタイムリー。

あの流れでクリーンナップで最低限止まりで終わらず、4番がもう一仕事してくれた事で試合をほぼ確実のものにした。

正に試合を決定付ける4番の一打だった。

今年苦労した岡本だが、今やそれを乗り越えた事により去年の何倍も4番として大きくたくましくなっている。

心構えや風格も本物の4番になってきた。

去年の結果で選ばれた4番から打線の格になってきた4番の成長が非常に嬉しい。

日本一にチームを持っていくんやど岡本!

どえらく期待しとる!

 

ゲレーロも良かった。

勿論あの1発で中押し出来た事だが、その内容も身体を開かない様に意識して生まれた一発だ。

ホームランの前の球の見逃し方がインローの球を開かずに見極めた所にゲレーロの復活が見えた。

しっかり考えて野球をやれている。

それが出来ている事で簡単に凡退しない。

元々好打者なだけに、操縦さえ出来ていれば活躍出来るのだろう。

コーチを含めた首脳陣の指導、操縦術も大きな戦力に今年から変わった。

ナイスバッティングだった。

 

最後の打点を上げた若林。

チャンスで弱かったり、この日も守備で悪送球があったりまだまだ穴のある選手だが最後にタイムリーが出た事でやり易くなっただろう。

守備面でも当たり前のプレーだったかもしれないが、併殺もしっかり完成もさせた。

このあたりはメンタル面も大きく関わっていそうなだけに、経験を積み成長するしかない。

交流戦での活躍はまぐれで出来るものでは無い。

尚輝、俊太、山本、ライバルはなんぼでもいるが誰にレギュラーを取って欲しい訳でもなく活躍できる選手にレギュラーになってもらいたい。

その為にも日々成長し頭一個出れる様頑張ってもらいたい。

 

これで日本シリーズ進出まで王手や。

ここで大舞台で登場する戸郷が11 日先発。

良い投手なのは知れた。

連勝でバトンを渡せたのは非常に良かった。

後は戸郷がこの大一番で三度好投するとなると、この選手の底力が計り知れない。

生観戦日、じっくり楽しませてもらいたい!

大きく大きく成長する為にも大物さを見せてくれ戸郷!

期待している。

台風なんか待つ気はないど!

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら

主力達で初戦取ったど! 10/9

JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ

 

いやー大事な初戦を取りこぼす事なく勝つ事が出来てほんまに良かった!

先発投手を見ても負ける訳にはいかない中で普段通りの野球が出来ていた事は実戦感覚が空いていただけに安心した。

阪神の勢いに飲まれることなく戦えた所を見ても、優勝チームの貫禄だった!

 

という事で今日の試合だが、久しぶりの緊張感たっぷりの試合なだけに早く優位に立ちたかった。

そんな中先発山口は初回から力む事なくストライク先行で相手を圧倒出来ていた。

流石最多勝投手と言える見事な投球だった。

山口はあまりメンタルは強くないイメージなだけにストライクが全く入らん様なピッチングを初回にして先制されたら、かなんなーという不安があったが今年の山口にそんな心配は不要だった。

あの力感のないフォームと今年の活躍から来る自信、絶対に負けられなかったペナント終盤での好投した経験が今日の普段通りの山口らしい安定感抜群のピッチングに繋がったのかなと思う。

今年、ほんまに山口の存在は大きい。

 

そんな山口の投球を見せつけた後に先頭の亀井が四球で出塁出来たのがまず良かった。

今日の亀井はタイミングの取り方がいつもと違ったが、ベテランなりの何かの対策なんやろう。

この出塁で望月にだいぶプレッシャーを与えられた。

最高の1番としての仕事だ!

続く坂本は併殺打になってしまったが、まだ望月も落ち着きは取り戻せていなかった。

けどここで結果3人で終わってしまうと乗ってこられる恐れがあったが、ペナント終盤絶不調だった丸がフルカウントから先制のHR。

色々な意味でこの一発は大きかったなぁ。

丸の状態自体も復調している事が確認出来たし、なんといっても初回から先制出来た事で向こうの勢いを消しこっちに流れを持ってこれたのが大きかった!

続く岡本も一発を放ち、併殺後に2点取る事が出来た。

併殺で無得点という重苦しい空気にならず、一気に巨人に流れを呼び込む見事な2連発だった。

岡本も紅白戦で好調そうだとは聞いていたが、それを維持出来ていて良かった。

 

山口が先制した後もしっかり3凡に抑え、2回の攻撃に移る。

下位打線からという事もあり3凡の可能性も高かったが、それだと流れは巨人から徐々に離れていきそうで嫌やなと思っていたところで俊太がヒット。流れ的に価値のあるヒットだった。

その後すぐ盗塁のサインを出してワイルドピッチではあったがランナーを進める事が出来た。

この辺の積極采配は短期決戦には有効やし、ペナントでも数多くやってきただけに選手も対応しやすく強いチームになったなと思った。

これで山口まではほぼほぼ回る形になりいい攻撃だった。

けど出来れば小林が打って追加点が欲しいという場面で四球。

この四球で山口は勿論送りバントをする事になるのだが、体力ある山口だがバントが巧い事いかず全力疾走してのダブルプレーやランナーに残って無得点というのは避けて欲しい場面でもあった。

だが結果はマルテの好守により送れずランナーとして残る事になる。

ちょっと嫌な雰囲気だった。

だがその流れを亀井が払拭させるタイムリー2ベースで追加点。

流れを向こうにやらない素晴らしい勝負強さだった。

だが山口がランナーやった事もあり1点しか入らなかった。

そこで先程併殺打だった坂本が技ありのセンター前2点タイムリー。。

物すごく大きな追加点が入った。

併殺後の連発、バントミス後の2連続タイムリー、これぞチームプレーといえる最高に盛り上がる点の取り方だった。

対阪神の戦い方として勝ちパターンを使わせずに試合をしたい中で5点差をつけられたのは非常に大きかった。

正攻法といえる戦い方で巨人のペースで試合を進める事に成功した。

 

その後山口が初ヒットを許し満塁のピンチからワイルドピッチで1点を失うも大山を打ちとり、最小失点で凌ぐ事が出来た。

2アウトランナー無しからの連打だった事が最小失点で切り抜けられた要因だろう。

バッテリーの用心深さが光った。

 

選球眼のいい鳥谷の併殺も助かった。

これもフルカウントからで2連続四球は避けたいプレッシャーの中コントロール出来た山口が一枚上だった。

 

山口は7回の打席にも立ち続投する事になるが、誰の指示か本人の意思か分からないが良い判断だったと思う。

セリーグの勝ち頭で体力もあり中継ぎ陣には不安のある巨人が絶対落とせない試合だという事を思うと山口続投が一番確率の高い勝ち方だと思うからだ。

球数を減らして次に備えるよりも、確率高く1勝しておく方が値打ちは高い。

この勝負手は理にかなっているなと思った。

結果的には北條に追い込んでから失投を打たれた事により、タイミングが合っていない木浪までだったが間違いでは無かった。

 

その後引き継いだ中川は本来のピッチングに戻っていたし、キレもよく左打者の2人がめちゃくちゃ打ちずらそうだった。

この試合においても大きな火消しになったし、内容的にも明日からも期待して良さそうな事に安心した。

 

最終回久しぶりにデラが投げたが、普段より制球が定まらなかった。

試合間隔が空きすぎた事で試合感が無かった事が原因やろう。

今日はあんまりだったが、心配はそないしなくていいかなと見ている。

むしろ点差があった今日に投げさせる事が出来て良かった。

巨人の中継ぎ陣の中では最強だと思っているだけに、心中するもんやと思っていたが田口にスイッチ。

これには少し驚いた。

単純計算だとデラの方が上の投手だと思うが、今日の出来やとあかんという判断だ。

流石原監督の短期決戦バージョンの隙のない采配だった。

 

その田口もこの緊迫感が半端なくある中、自分のピッチングが出来るのはお見事だった。

急にやっても出来る訳が無いが、キツい所で使いきっていた経験がめっちゃ活きた!

これも原監督ならではの素晴らしい起用法だった。

田口も経験があるとはいえ、あの場面で冷静かつ強気でよく抑えてくれた!

最高に素晴らしい火消しだった。

 

と今日は阪神相手に先発投手から大きく先制し、ミスをカバーし合うチームとしてすごく良い勝ち方だった様に思う。

3回以降得点出来なかった事は確かに良くないが、主力に当たりは出ているし全体的に打撃内容自体は良かった。

明日以降打線は今日の所心配しなくて良い様に思う。打撃は水物という怖さはあるが。

岡本が唯一のマルチか。確かに岡本が一番内容のある打席だった。

4番が好調とは凄く良い事だ。有言実行で岡本の活躍でこのCSと日本シリーズを勝ち取ってもらいたい。

頼むど4番!

それと地味だが8回の俊太の守備はナイス判断だった。

送球もよく、2塁でアウトを取れたのは大きかった。

 

明日はメル対高橋か。

メルの好投に期待しながらも明日も打線にはら頑張ってもらい、交代機の見極めが分かりやすいような試合展開に持っていきたい所だ。

今日に引き続き、1.2番を出来るだけ出塁させず大山を眠らせたまま高山を明日こそ抑える事がポイントになりそうだ。

明日は大城がスタメンマスクやろうから、大城や控えの石川や陽、中島にも期待している。

内容を見たらゲレーロも悪くは無さそうだ。

明日も勝ち絶対王手決めるど!

 

以上!

ご覧下さりありがとうございました。

賛同して頂いた方、巨人ファンの方クリックを頼まして〜!
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

4/3からツイッター始めました。ただの観戦独り言や巨人関連の事を言っていますので良ければ見て下さい。

https://mobile.twitter.com/G37878435
2018年途中からしていた前ブログ
https://kansai-gtarako-pogyten.muragon.com

 

 

ご意見、ご質問等はこちら